ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旬のタケノコづくし | main | 盟友揃い踏み >>
2018.05.27 Sunday

田浦先生を囲む会

 

地元、大野中3年の時の担任 田浦先生が teppan仁六へ御来店下さり

大野の同級生を緊急招集して 大よそ30年ぶりの再会となる宴を催しました。

 

なんでか うちのお袋と叔母も参加(笑)

 

田浦先生は現在、地元、大野東中の校長先生になられています。

 

先生も当時の記憶を鮮明に憶えておられてて

なんか30年猶予の時の流れをあまり感じないほどの空気の中

当時、言えなかった事、今だから言える事

オレは思い残すことのないほど、すべてを語り尽くさせてもらった。

 

おかげ様でめっちゃスッキリした

二日酔いをかき消すほどの爽快感に包まれている。

 

中3の時に先生から教えてもらった事や言葉は

今現在も尚、自分を形成する人生の羅針盤として心の奥底で輝いている。

 

先生と言う職業はすごいね。

その言霊一つが一人の生徒の人生の矛先をいかようにも変える力を持つ。

 

素晴らしい指導者の元に立派な生徒は育つ。

当たり前の事だが、生徒と先生の距離感が昔と違い

非常にセンシィティヴでかつ様々な縛りが多い昨今。

 

丁度、日大アメフト部反則問題が世間を騒がせているが。。。

生徒と先生の関係はもっと神聖なものであって欲しい。

そう思うのはオレだけか。。。

 

こっちがどんだけオッサンになろうが偉くなろうがアホになろうが

先生の前では生徒に戻させてくれる。

こんな背筋をピシッとしてくれるような感覚は

今の暮らしの中にはあろうはずもない。

 

そんな信頼と愛に包まれたヒトトキを過ごせた事に感謝したい。

 

ちなみに田浦先生の教科は技術。

teppan仁六の手作りの内装を褒めて頂きました。

こんなところにも田浦イズムは脈々と継承されております。

 

先生またいつの日か お会いしましょう!

お体御自愛下さい。

 

OSAMU FUNAE

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック